Azure試験 MCP70-533 試験、問題集

Microsoft Azure MCP70-533 試験問題 43-45

Microsoft社が提供しているベンダー試験
「Microsoft Azure MCP 70-533 Microsoft Azure Infrastructure Solutions の実装」の模擬試験です。

試験詳細:試験70-533:Microsoft Azure Infrastructure Solutions の実装

補足:MCP 70-533は2018年12月31日で廃止されます。移行後の試験Exam AZ-100: Microsoft Azure Infrastructure and DeploymentExam AZ-101: Microsoft Azure Integration and Securityでも有効かと思いますので、ご参考ください。

 

Microsoft Azure MCP-533 模擬試験 43

TeamSite1という名前のSharePoint Webアプリケーションを持つAzure Active Directory(Azure AD)テナントを管理します。

TeamSite1は、ユーザー情報のためにAzure ADテナントにアクセスします。

TeamSite1のアプリケーションアクセスキーが侵害されました。ユーザーがTeamSite1を引き続き使用できること、および侵害されたキーがAzure ADテナントのデータにアクセスできないようにする必要があります。

どの2つのアクションを実行する必要がありますか?

 

A. TeamSite1のアプリケーション定義から漏洩したキーを削除します。

B. TeamSite1のアプリケーション定義を削除します。

C. TeamSite1の新しいアプリケーションキーを生成します。

D. TeamSite1の新しいアプリケーション定義を生成します。

E. 既存のアプリケーションキーを更新します。

 

回答を表示

答え:AC

説明:

Windows Azureストレージのセキュリティ面の1つは、すべてのアクセスがアクセスキーで保護されていることです。 アクセスキーを変更することは可能です(キーが侵害された場合など)。変更された場合、新しいキーを持つようにアプリケーションを更新する必要があります。

 

Microsoft Azure MCP-533 模擬試験 44

この問題が出題されることはありません。

OnlineCoexistenceSyncコマンドは廃止され、

DirectorySyncClientCmd.exeで同期が可能となったようです。

私が試験を受けたときも出てきませんでした。

Azure Active Directory(Azure AD)で構成されたDirSyncサーバーを管理します。

デフォルトのDirSync同期間隔を待たずにAzure ADでユーザーをプロビジョニングする必要があります。 この目標を達成するには、2つの方法があります。

A. DirSyncサーバーを再起動します。

B. Start-OnlineCoexistenceSync PowerShellコマンドレットを実行します。

C. Enable-SyncShare PowerShellコマンドレットを実行します。

D. Azure AD Syncツール構成ウィザードを実行します。

E. Active Directoryサイトとサービスのディレクトリを複製します。

 

回答を表示

回答:B D

説明:
3時間ごとに発生する定期的な同期を待つ必要がない場合は、いつでもディレクトリ同期を強制できます。

B:Windows PowerShellを使用してディレクトリ同期を強制します。ディレクトリ同期Windows PowerShellコマンドレットを使用して、同期を強制することができます。このコマンドレットは、Directory Syncツールのインストール時にインストールされます。ディレクトリ同期ツールを実行しているコンピュータで、PowerShellを起動し、Import-Module DirSyncと入力してEnterキーを押します。 Start-OnlineCoexistenceSyncと入力し、Enterキーを押します。

D:Azure Active Directory同期サービス(AAD Sync)2014年9月、Microsoft Azure AD Syncツールがリリースされました。これにより、手動同期要求の発行方法が変更されました。手動で更新するには、DirectorySyncClientCmd.exeツールを使用します。 DeltaおよびInitialパラメータがコマンドに追加され、関連するタスクが指定されます。このツールは次の場所にあります:
C:\ Program Files \ Microsoft Azure AD Sync \ Binディレクトリ同期Windows PowerShellコマンドレットを使用して同期を強制できます。このコマンドレットは、Directory Syncツールのインストール時にインストールされます。ディレクトリ同期ツールを実行しているコンピュータで、PowerShellを起動し、Import-Module DirSyncと入力してEnterキーを押します。 Start-OnlineCoexistenceSyncと入力し、Enterキーを押します。

 

 

Microsoft Azure MCP-533 模擬試験 45

ホットスポットの質問

contososite1というインターネットインフォメーションサービス(IIS)6 Webサイトを管理します。

Contososite1は、LegacyApp1という名前の従来のASP.NET 1.1アプリケーションを実行します。 LegacyApp1には、他のシステムやプログラミング言語との統合は含まれていません。 contososite1はAzure Webサイトに展開します。 Azure Webサイトを設定する必要があります。 あなたには次の要件があります。

- LegacyApp1が正しく動作します。

- アプリケーションプールはリサイクルされません。

要件を満たすためにどの設定を構成する必要がありますか? 答えるには、回答エリアで適切な設定を選択します。

 

 

回答を表示

 

 

-Azure試験, MCP70-533, 試験、問題集
-

© 2021 ITのmiyamon-log Powered by AFFINGER5