SQL 未分類

OracleDBをロックしているSQLのプロセスをKILL(コマンドをSQLで生成)

miya
この記事ではOracleDBがロックされた場合の解除手順と、解除対象が多い場合に解除コマンドを生成するSQLを紹介します。

 

DBをロックしているセッションを確認

Oracleのデータベースをロックされていた場合、セッションを特定するには以下のSQLで確認をします。

 

ロックを解除するコマンド

セッションを確認できたら、不要なものを以下のコマンドでkillすることで、ロックを強制的に解除できます。

 

ロックを解除するコマンドを生成するSQL

この時、killしたいセッションが大量にあると、面倒です。

そういう時は、以下のコマンドを実行することで、ALTER SYSTEM KILL SESSIONコマンドを作成できます。

 

セッションをkillする場合は十分に気を付けましょう。

 V$SESSIONについては以下リファレンスが有効です。

[blogcard url="https://docs.oracle.com/cd/E16338_01/server.112/b56311/dynviews_3016.htm"]

 

 

 

-SQL, 未分類

© 2021 ITのmiyamon-log Powered by AFFINGER5