SQL 技術

Oracle インポート時のエラー(IMP-00015)の対応方法

 

この記事ではOracleのインポート時に発生するエラー(IMP-00015)について解説します。

IMP-00015について

テーブル単位でバックアップを取った後、インポートコマンドを実行したが

というエラーが出る場合があります。

このエラーが出た場合、テーブルをSELECT(参照)してもレコードはインポートされていません。

レコード追加時にエラーとなるとオラクルはデータ登録をSKIPします。

 

回避策

"IGNORE=Y"オプション付きで、データをImportする。

「オブジェクトは既に存在します」というエラーを無視して 表に行データの挿入します。

デフォルトは"IGNORE=N"となってます。オブジェクト作成エラーが発生すると 行データは挿入されずにスキップされます。

ログを出力したい場合は

 

まとめ

インポート時はコマンドのオプションなどに気を付けて利用しましょう。

 

以下ページにSQLコマンドを表に纏めています。手が空いた時に定期更新しておりますので、よろしければご活用ください。

仕事で使えるSQLコマンド一覧

続きを見る

 

参考にしたサイト(impコマンドについて詳しく載っています)

[blogcard url="https://oracle-chokotto.com/ora_import.html"]

-SQL, 技術

© 2021 ITのmiyamon-log Powered by AFFINGER5