Azure試験 MCP70-533 試験、問題集

Microsoft Azure MCP70-533 試験問題 13-15

Microsoft社が提供しているベンダー試験
「Microsoft Azure MCP 70-533 Microsoft Azure Infrastructure Solutions の実装」の模擬試験です。

試験詳細:試験70-533:Microsoft Azure Infrastructure Solutions の実装

補足:MCP 70-533は2018年12月31日で廃止されます。移行後の試験Exam AZ-100: Microsoft Azure Infrastructure and DeploymentExam AZ-101: Microsoft Azure Integration and Securityでも有効かと思いますので、ご参考ください。

 

Microsoft Azure MCP-533 模擬試験 10

ドラッグアンドドロップの質問

標準/ Si層で実行されているcontosodbという名前のAzure SQLデータベースを管理します。
データベースは、本番環境であるserver1という名前のサーバーにあります。 また、テスト環境であるserver2というデータベースサーバーも管理します。
どちらのデータベースサーバーも同じサブスクリプションと同じリージョンにありますが、物理クラスタは異なります。
contosodbをテスト環境にコピーする必要があります。 どの3つのステップを順番に実行しますか?
適切なアクションをアクションリストからアンサーエリアに移動し、正しい順序で回答してください。

 

回答を表示

回答:

 

Microsoft Azure MCP-533 模擬試験 14

ローカル仮想マシン(VM)をAzure VMに移行しています。 バーチャルハードディスク(VHD)ファイルをAzure BlobストレージにBlock Blobとしてアップロードします。

ブロックブロブをページブロブに変更する必要があります。 あなたは何をするべきか?

A.ブロックブロブを削除し、VHDをページブロブとして再アップロードします。

B. Azure Storage .NET SDKを使用して、プログラムでBLOBのタイプを更新します。

C.現在のBLOBのメタデータを更新し、Blob-TypeキーをPageに設定します。

D.新しい空のページブロブを作成し、Azure BLOBコピーパワーシェルコマンドレットを使用して、現在のデータを新しいBLOBにコピーします。

回答を表示
答え:A
説明:

※ AzCopyツール、Blob(REST API)とPut Page(REST API)、またはWindows Azure Storage Client Library for .NETまたはサードパーティストレージのいずれかの方法を使用して、データファイルをWindows Azureストレージにコピーする エクスプローラツール。
重要:この新しい拡張機能を使用する場合は、必ずブロックブロブではなくページブロブを作成してください。

※Azureには2つのメインファイル保存形式があります:
ページブロブ:主にvhd(CloudPageBlob)に使用されます。
ブロックブロブ:他のファイル(CloudBlockBlob)

Microsoft Azure MCP-533 模擬試験 15

contosodbという名前の米国中部地域のMicrosoft Azure SQLデータベースデータベースを管理します。
Contosodbは、SIパフォーマンスレベルの標準層で動作します。 contosodbを使用するビジネスクリティカルな複数のアプリケーションがあります。
あなたは、米国中部地域で自然災害が発生した場合にオンラインでcontosodbを取り戻すことができるようにする必要があります。
最小限のダウンタイムでこの目標を達成したいと考えています。 どの2つのアクションを実行する必要がありますか? (複数選択)

A. S2のパフォーマンスレベルにアップグレードします。

B.アクティブなGeoレプリケーションを使用する。

C.自動エクスポートを使用します。

D.プレミアム層にアップグレードします。

E.特定の時点のリストアを使用する。

F.基本層へのダウングレード。

 

回答を表示

回答:BD
説明:

B:Active Geo-Replication機能は、同じMicrosoft Azure地域内または異なる地域(冗長性)でデータベースの冗長性を実現するメカニズムを実装しています。 Active Geo-Replicationの主な利点の1つは、データベースレベルの障害回復ソリューションを提供することです。 アクティブジオレプリケーションを使用すると、プレミアムサービス層のユーザーデータベースを構成して、同じまたは異なる地域内の異なるMicrosoft Azure SQLデータベースサーバー上のデータベースにトランザクションをレプリケートできます。 クロスリージョン冗長性により、アプリケーションは自然災害、致命的な人為的ミス、悪意のある行為によるデータセンターの永久的な損失から回復することができます。

D:アクティブなジオレプリケーションは、プレミアムサービス層のデータベースでのみ使用できます。

 

 

-Azure試験, MCP70-533, 試験、問題集
-

© 2021 ITのmiyamon-log Powered by AFFINGER5