Azure試験 MCP70-533 試験、問題集

Microsoft Azure MCP70-533 試験問題 16-18

Microsoft社が提供しているベンダー試験
「Microsoft Azure MCP 70-533 Microsoft Azure Infrastructure Solutions の実装」の模擬試験です。

試験詳細:試験70-533:Microsoft Azure Infrastructure Solutions の実装

補足:MCP 70-533は2018年12月31日で廃止されます。

移行後の試験

Exam AZ-100: Microsoft Azure Infrastructure and Deployment

Exam AZ-101: Microsoft Azure Integration and Security

でも参考になるかと思います。

 

 

Microsoft Azure MCP-533 模擬試験 16

ドラッグアンドドロップの質問

Azure Storageアカウントを使用するクラウドサービスにデプロイされたアプリケーションを管理します。

現在、クラウドサービスはプライマリアクセスキーを使用しています。 セキュリティポリシーでは、アプリケーションのダウンタイムを招くことなくすべての共有アクセスキーを変更する必要があります。

どの3つのステップを順番に実行しますか? 答えるには、適切なアクションをアクションリストからアンサーエリアに移動し、正しい順序で配置します。

 

ボックス内の英文を上から準備翻訳

・プライマリアクセスキーを使用してクラウドサービスの設定を更新する

・プライマリアクセスキーを再生成する

・セカンダリアクセスキーを再生成する

・セカンダリアクセスキーを使用してクラウドサービスの設定を更新する

 

回答を表示

 

Microsoft Azure MCP-533 模擬試験 17

次のアドレスの標準サービス層でAzure Webアプリケーションを管理します:contoso.azurewebsites.net。

会社には、www.contoso.comという名前のサイト用の新しいドメインがあり、SSL(Secure Socket Layer)暗号化でアクセスできる必要があります。

Azure Webアプリケーションにカスタムドメインを追加し、SSL証明書を割り当てる必要があります。 どの3つのアクションを実行する必要がありますか?

A. IPベースのSSLオプションを選択して、www.contosco.comドメインのSSLバインディングを追加します。

B. www.contoso.comからcontoso.azurewebsites.netへのCNAMEレコードを作成します。

C.サイトを新しいURLにリダイレクトしてAzure Webサイトにアップロードする新しいファイルを作成します。

D.サーバーのNameindication(SNL)SSLオプションを選択して、www.contoso.comドメインのSSLバインドを追加します。

E.カスタムドメインとしてドメイン名のリストにwww.contoso.comを追加します。

 

回答を表示

回答:ABC説明:
ステップ1:CNAMEレコードを追加するときは、[ホスト名]フィールドを使用するサブドメインに設定する必要があります。 たとえば、www。 AddressフィールドをAzure Webサイトの.azurewebsites.netドメイン名に設定する必要があります。 たとえば、contoso.azurewebsites.netです。
*手順2:サービス定義ファイルと構成ファイルを変更します。 アプリケーションは証明書を使用するように構成する必要があり、HTTPSエンドポイントを追加する必要があります。 その結果、サービス定義ファイルとサービス構成ファイルを更新する必要があります。
*ステップ3:IPベースのSSLは、サーバーの専用パブリックIPアドレスをドメイン名にマッピングすることにより、証明書をドメイン名に関連付けます。 これには、各ドメイン名(contoso.com、
fabricam.comなど)が専用のIPアドレスを持つようにすることができます。 これは、SSL証明書をWebサーバーに関連付ける伝統的な方法です。

Microsoft Azure MCP-533 模擬試験 18

異なる地域の2つのデータセンターと1つの支店を管理します。

あなたは、地理的冗長バックアップソリューションを実装する予定。 各データセンターが他のデータセンターのコールドサイトであることを確認する必要があります。

リカバリボールトを作成します。 次に何をすべきですか?

A.プロバイダをインストールします。

B.証明書をボールトにアップロードします。

C.ボールト・キーを生成します。

D.すべての仮想マシンをDHCPに設定します。

E. System Center Virtual Machine Manager(SCVMM)サーバーを準備します。

F.仮想マシン(VM)ネットワーク間のマッピングを作成します。

 

回答を表示

答え:C
説明:
Azureのポータル画面で、(左側のメニューの)Recovery Servicesまでスクロールし、「Create a New Vault」をクリックします(VMが複製される場所です)。

Data Services / Recovery Services / Siteが表示されます リカバリボールトオプションを選択し、クイック作成を選択します。

Vaultの名前は覚えておいてください。私の場合、私はRandsVaultと呼んでいます。

私は米国西部からWest Westを選択し、Vaultの作成をクリックします。
Vaultが作成されたら、ボールトの名前の横にある右矢印をクリックします。
セットアップリカバリで、「オンプレミスサイトとMicrosoft Azureの間」を選択して、オンプレミスデータセンターとAzureの間で複製する構成設定をクラウドに伝えます。
Microsoft AzureとVMMサーバーの間で証明書の主要な交換を作成することが最初に必要な作業の一覧が表示されます。

 

-Azure試験, MCP70-533, 試験、問題集

© 2021 ITのmiyamon-log Powered by AFFINGER5