Azure試験 MCP70-533 試験、問題集

Microsoft Azure MCP70-533 試験問題 19-21

Microsoft社が提供しているベンダー試験
「Microsoft Azure MCP 70-533 Microsoft Azure Infrastructure Solutions の実装」の模擬試験です。

試験詳細:試験70-533:Microsoft Azure Infrastructure Solutions の実装

補足:MCP 70-533は2018年12月31日で廃止されます。移行後の試験Exam AZ-100: Microsoft Azure Infrastructure and DeploymentExam AZ-101: Microsoft Azure Integration and Securityでも有効かと思いますので、ご参考ください。

 

Microsoft Azure MCP-533 模擬試験 19

Azureストレージアカウントに保存されている大きなビデオファイルのコレクションを管理します。
ユーザーは、今後7日間でビデオファイルの1つにアクセスしたいと考えています。

ユーザーがビデオファイルにのみアクセスできるようにし、ユーザーが不要になったらアクセス権を取り消す必要があります。 あなたは何をするべきか?

A.ストレージアカウントのセカンダリキーをユーザーに与えます。 ユーザーがファイルを終了したら、セカンダリ・キーを再生成します。

B. Blobリソースのアドホック共有アクセス署名を作成します。 7日間で共有アクセス署名が期限切れになるように設定します。

C.コンテナにアクセスポリシーを作成します。 ポリシーを使用して、外部ユーザーにblobの共有アクセス署名を付与します。 ユーザーがファイルを終了したら、ポリシーを削除します。

D.ブロブにアクセスポリシーを作成します。 ポリシーを使用して外部ユーザーにアクセスを許可します。 ユーザーがファイルを終了したら、ポリシーを削除します。

 

回答を表示

答え:C
説明:
以下の3を参照してください。
デフォルトでは、ストレージアカウントの所有者だけが、そのアカウント内のブロブ、テーブル、およびキューにアクセスできます。アクセスキーを共有せずにサービスまたはアプリケーションが他のクライアントからこれらのリソースを利用できるようにする必要がある場合は、アクセスを許可する次のオプションがあります。
1.コンテナのアクセス許可を設定して、コンテナとそのブロブに対する匿名の読み取りアクセスを許可することができます。これは、テーブルやキューには許可されていません。
2.共有アクセスシグネチャを使用してリソースを公開することができます。これにより、リソースが利用可能な間隔とクライアントが持つアクセス許可を指定することで、制限付きアクセスをコンテナ、BLOB、テーブルまたはキューリソースに委任できます。
3.ストアドアクセスポリシーを使用すると、コンテナまたはそのBLOB、キュー、またはテーブルの共有アクセスシグネチャを管理できます。保存されているアクセスポリシーは、共有アクセスシグネチャを制御するための追加の手段を提供し、またそれらを取り消す簡単な手段を提供します。

 

Microsoft Azure MCP-533 模擬試験 20

contoso storageという名前のAzure Storageアカウントを管理します。

アカウントには、ログが有効なキューコンテナがあります。 2014年7月に生成されたすべてのログファイルを表示する必要があります。リストにアクセスするにはどのURLを使用しますか?

 

A.
http://contosostorage.queue.core.windows.net/Slogs?restype=container&comp=list&prefix=queue/2014/07

B.
http://contosostorage.queue.core.windows.net/Sfiles?restype=container&comp = list&prefix = queue / 2014/07

C.
http://contosostorage.blob.core.windows.net/Sfiles?restype=container&comp=list&prefix=blob/2014/07

D.
http://contosostorage.blob.core.windows .net / Slogs?restype = container&comp = list&prefix = blob / 2014/07

 

回答を表示
答え:D
説明:
すべてのログは$ logsという名前のコンテナ内のブロックブロブに格納されます。このコンテナは、ストレージアナリティクスがストレージアカウントに対して有効になっているときに自動的に作成されます。 $ logsコンテナは、ストレージアカウントのブロブ名前空間にあります(例:http:// yourstorageaccount.blob.core.windows.net/$logs)。 このコンテナーは、Storage Analyticsが有効になっていれば削除できませんが、その内容は削除できます。
http://msdn.microsoft.com/library/azure/hh343262.aspx

Microsoft Azure MCP-533 模擬試験 21

Azureサブスクリプションは、標準モードで実行されている仮想マシン(VM)で管理します。 VMに関連するストレージコストを削減する必要があります。 あなたは何をするべきか?

A.孤立したディスクを見つけて削除します。

B.アフィニティグループにVMを追加します。

C. VMを基本層に変更します。

D. VHDコンテナを削除します。

 

-Azure試験, MCP70-533, 試験、問題集
-

© 2021 ITのmiyamon-log Powered by AFFINGER5