Git 技術

gitコマンド:リモートブランチの内容でローカルを強制的に一致させる

gitを利用した環境で開発を行っているとき、ローカルブランチの状態をリモートからチェックアウトした時の状態に戻したい。

そんなときは、以下のコマンドで元に戻せます。

git reset --hard ブランチ名

(例)git reset --hard origin/develop

 

また、最新の状態に合わせたい時はgit fetchしてから、resetしましょう。

git fetch origin

git reset --hard ブランチ名

 

必要な情報が消えてしまわないように、元に戻すときは十分に注意しましょう。

 

gitのコマンドをざっくりまとめた記事は以下にあります。


Git コマンド一覧

仕事で頻繁に使うGitのコマンドを纏めたものです。分かりやすいように分類ごとに纏めてみました。ご活用ください。

コメントなし

 

-Git, 技術
-

© 2021 ITのmiyamon-log Powered by AFFINGER5