wordpress

WordPressが遅いと感じたらPageSpeed Insightsで診断しよう

WordPressで作成したブログを表示するときに、遅い!と感じたことはありませんか?

スマートフォンでアクセスをしたとき、表示に10秒以上かかっていませんか?

ブログのレスポンスはSEOにも大きく影響します。ブログの最適化を是非検討してください。

 

ブログを診断しよう

Googleが素晴らしいサービスを提供してくれています。サイトの表示速度だけでなく、問題となる箇所・改善点について評価してくれるサービスがあります。

PageSpeed Insights

 

実際に私のサイトを測定してみました。

お世辞にも良いとは言えません。悲しい結果です。

続いて、改善できる項目も教えてくれます。

レンダリングを妨げるリソースの除外に2.85秒も掛かってました。これは深刻な問題です。

他にもパフォーマンスに関する診断結果と合格した監査も教えてくれます。

改善してみよう

サイトの評価が非常に残念なことがわかったので、改善しましょう。

いきなり100点を取れることはありません。ゆっくり100点に近づけていきましょう。

また、これらの問題を解決する対策としては

1.プラグインをインストールし、改善する。

2.手動で改善する。

3.サーバを変更する

の3つ方法があります。

2.手動で改善する。には、記事の画像サイズを見直すなどの作業を行い、表示速度を改善させる方法があります。

3.サーバを変更するは、スペックの低いまたはSSDではないサーバを契約していた場合、やはり表示速度は遅いです。これはどうしようもありません。

安定したスペック、またSSDに対応したサーバを契約しましょう。再契約やWordPressの引っ越しなど非常に面倒な作業を行う必要があります。

本記事では1.プラグインをインストールし、改善する。について、詳しく説明したいと思います。

プラグインをインストールし、改善する。

WP Fastest Cache

表示速度改善に欠かせないプラグインです。ページキャッシュや圧縮

WP Fastest Cache

まず、インストールが完了したら、日本語化しましょう。

WordPressのサイドメニューにWP Fastest Cache が追加されます。

アクセスした後、言語を選択できますので、日本語を選択しましょう。

日本語化をしたら、設定をしていきましょう。キャッシュ関連と絵文字関連を私はONにしました。

さて、再度、測定してみましょう。

27 ⇒ 32 評価が5もあがりました!

よくわからない人は、とりあえず、モバイル以外はONにしてよいと思います。
私は、モバイル以外ONにしたところ、測定結果は31でした。(あまり変わらないですね)

EWWW Image Optimizer

画像データを圧縮して最適化してくれるプラグインです。

こちらはインストールした時点のデフォルト設定のままでOKです。

EWWW Image Optimizer

 

レンダリングを妨げるリソースの除外

そもそも、私の診断結果では「レンダリングを妨げるリソースの除外」に2.85秒も掛かってました。異常です。

これを解消したいと思います。

JavaScript を読み込むときにdefer や async が指定されていないコードに、async を付与する処理を追加します。

これをすることで、「レンダリングを妨げるリソースの除外を改善する方法」で、JavaScript に対する指摘が解消されます。

functions.php に下記のコードを追記します。

追加前

追加後

0.33秒早くなりましたが、まだ改善の余地はありそうです。

また、この測定は利用しているテーマによっても左右されます。皆さんも測定をしてみてサイトの最適化に挑戦してみてください。

補足

測定結果のうち、次世代フォーマットでの画像の配信 という項目がありますが、こちらは対応しないことをオススメします。

まだ、ほとんどのブラウザが次世代の画像フォーマットに対応しておりません。ここは気を付けてください。

-wordpress
-

© 2021 ITのmiyamon-log Powered by AFFINGER5