ライフ

初心者にわかりやすく解説:5世代移動通信システム(5G)で何が変わるのか?

 

第5世代通信である5Gが2020年にはサービスを開始する予定です。

日本国民の大半の方が、とにかく通信が早くなる。くらいの認識かと思います。

初心者でもわかりやすいように5Gについて、また恩恵(メリット)と経済効果についてお伝えしたいと思います。

 

そもそも5Gってなに?

第5世代移動通信システム を略して 5G と呼んでいます。

つまり、通信システムには子孫がおります。第1世代から以下のような歴史があります。

  • 第1世代:アナログ方式(1G)
  • 第2世代:デジタル方式(2G)
  • 第3世代:モバイルブロードバンド(3G)
  • 第4世代:LTE (Long Term Evolution)(4G)

各世代ごとに方式は異なり、世代ごとに大きな進化を遂げています。

1985年には肩かけ式の携帯電話「ショルダーフォン」登場していました。

芸能人の平野ノラさんが持ち歩いている電話がフォルダーフォンです。

よくテレビで「しもしも~」といっているやつですね。

 

各世代の性能について

第1世代:アナログ方式(1G)

デジタルサービスが始まった時代。1Gはアナログ方式となり、最大通信速度は9600bps

最初は300bps程度だったが、少しづつ通信量が改善されていった。

 

第2世代:デジタル方式(2G)

デジタル方式となり、2.4kbps~28.8kbpsまで利用可能となりメールやネットサービスが利用可能となりました。

この時は通信で動画の配信などが実現するとは一般ユーザは思っていなかったと思います。

 

第3世代:モバイルブロードバンド(3G)

2001年に3Gが登場。最大で14Mbpsまで通信が可能となり、革命が起きました。

通信の進化によりスマートフォンの時代が一気に復旧し始めた時代ですね。

 

第4世代:LTE (Long Term Evolution)(4G)

2012年 4Gの運用開始。100Mbpsまで通信が可能となり、ストリーミング動画の時代が到来!

youtubeを筆頭に、動画配信サービスが勢力を増してきたのは、この時からですね。

 

5G(第5世代移動通信システム)の凄さ

簡単にどれくらいすごいのかを見に行きましょう。

 

4Gと5Gの違い

通信速度が大幅に向上します。

4Gの通信速度は50Mbps~1Gbps
5Gの通信速度は10~20Gbps

どれくらいすごいのかよくわかりませんよね。

動画のダウンロードに4Gでは60秒掛かっていたものが、5Gでは約6秒で完了します。

 

信頼性について

速度が速くなるのはわかった。でも、そんなに早くて品質は大丈夫なの?

4Gでは10ミリ秒ほどの遅延がありましたが、5Gでは1ミリ秒ほどに遅延が短縮されます。これは革命的です。

通信によるラグが大幅に改善されるため、ロボットやリモート操作の品質が向上し、未来の可能性が大幅に広がります。

 

同時に接続可能な端末の数

通信の帯域は無限ではありません。

IoTによりカメラや小型機器などにも4G通信を割り当てると、4Gの利用可能領域が枯渇する問題がありました。

5Gでは100万台/km?の接続機器数(4Gの30-40倍)に対応していると言われています。(2019年5月時点)

 

まとめ:5Gの到来により期待されること

市場が革命的に進化します。

 

VRなどの情報量が多いデバイスの品質が向上します。

4Gでは通信可能な情報量に限界がありました。より繊細な映像が楽しめます。

これにより、VRゲーム、旅行先のVR体験、仮想会議などが期待されます。

 

IoTの進化が推進

より手軽に小型機器に通信システムを搭載することができます。

更に通信の品質も大幅に向上。

これによりデバイスの自動化、ドローンの性能向上、ロボットなどの可能性が広がります。

 

クラウドサービスの更なる発展

クラウドサービスの活性化に拍車がかかります。

クラウド(ネットワーク上)のサービスの品質が向上し、利用者は確実に増えます。

また、個人のハードディスクにデータを保存する時代は終焉を迎えるかもしれません。

 

コネクティッドカーの誕生

ネットワークにつながった自動車のことです。

AI音声による案内やリアルタイムで道路混雑状況の把握ができることが期待されます。

自動車の自動運転にもどのような影響があるのか今後、楽しみです。

 

医療の発展

遠隔操作で精密な作業が可能になることが予想されます。

また、通信の品質向上により画像のクオリティも向上可能となります。

医師はより正確な診断が可能となるでしょう。

 

働き方改革

高速通信により、自動化の波がきます。

単純作業は自動化され、働き方が見直されるでしょう。

定時で帰宅できる国民が増える。。。かもしれません

5Gは労働不足の解消につながると言われています。

企業によっては終身雇用の終了に拍車がかかるかもしれませんね。

 

Society 5.0(ソサエティ 5.0)への期待

国家で推進されている新しい空間(これからの世界)を意味します。

内閣府のサイトに詳しく情報が載っています。
https://www8.cao.go.jp/cstp/society5_0/index.html

一言で言えば、ビックデータ×AI(人工知能)により人の暮らしを支える仕組みを言います。

国民の生活をソサエティが助けてくれるかもしれません。

 

5G(第5世代移動通信システム)の利用開始時期

全てのキャリアが2020年から利用開始といわれていますが、2019年5月時点では詳細の日程は公開されていません。

キャリア5Gのサービス提供開始時期
ドコモ2020年
au2020年
ソフトバンク2020年

 

まとめ:利用者視点で変わること

1.携帯のデータ定額プランが大容量に!

2.5G対応のスマートフォンを購入する必要がある

3.5G対応の新しい商品(車、ドローン、家電など)が登場する。

 

 

最後に

簡単に説明させていただきました。

しかし、これは5Gの技術の凄さの一部にしかすぎません。

技術的に深く知りたいという方はソフトバンク様のサイトでも詳しく説明されています。

https://www.softbank.jp/biz/5g/

よかったら調べてみてください。

-ライフ
-

© 2021 ITのmiyamon-log Powered by AFFINGER5